パリより、美味しいもの便り
polly.exblog.jp

エッフェル塔のふもとより
ブログランキング参加中
カテゴリ
全体
お菓子作り
パリのパティスリー
レストラン
スーパーのお菓子
お散歩
お菓子と一緒に
地方のお菓子
季節もの
海外
パリの日々
料理
アート ド ヴィーヴル
旅行
未分類
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
チョコレートのマシュマロ
c0032664_5154266.jpg


最近の手みやげ用お菓子の人気者はギモーヴguimauve。
いわゆるマシュマロ。フランス語では、マシュマロにあたる言葉としてchamallowsもよくつかわれる。シャマローなんて、マシュマロをもじったみたいで不思議。基本的には、ギモーヴ、たまにこれで分からない人がいたら、シャマローと言えば通じたり。
ちょっと調べてみると、やっぱりマシュマロのフランス語は、ギモーヴらしい。そして、シャマローは、あるメーカーの商品名。まあ、バンドエイドやクリネックスというのが一般名刺みたいに使われるのと同じね、と納得。

さて、私の良く作るのは、チョコレートのマシュマロ。ちゃんと中には、溶かしたチョコレートも入れて、チョコレート感もたっぷり。毎回、自分でマシュマロを作る度に思うのは、プラザアテネのくまのマシュマロ、食べたいな〜。でも、マシュマロに13ユーロは。。。と思うのは、私だけ?そのうち、シリコンのくまの型をかって、自分で作るかな。
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-24 17:16 | お菓子作り
栗好き見つけた!
c0032664_15371637.jpg


今月は、レッスンがモンブランということもあって、家には栗が常備状態。ということで、ちょとしたフランスを離れる知り合いのためのおやつ会にも、モンブランで参加。みんなが少しづつ食べれるようにとミニ モンブラン。35コもあったのに、なくなるのがはやかったこと。
フランス人って、結構栗のお菓子、『重そう。。。』なんていって避ける人が多いのに。小さいサイズだからか、「普段は栗のお菓子は食べないけど、これは美味しいわ!」と、好評。栗のお菓子大好き!という人もちらほらと。これで、フランス人のお墨付き?!
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-24 15:40 | お菓子作り
鴨しゃぶ
c0032664_443585.jpg


美味しいもの好きにはたまらないfarafelさんのブログで見て以来、気になっていた鴨鍋。家でもさっそく実行!オリビエも意気揚々とmagret de canardを2つも買って来て(2人前なのに!)、ソースは、ごまとゆず入り酢醤油。

普段は、お肉の油の部分を取り除いて食べるオリビエも、そのままパクパクと、まさに箸が進む。いままで、お鍋はやっても、なぜ、鴨なべにたどり着かなかったのでしょう!こんな美味しいとは。中にはポワローネギやマッシュルーム、椎茸、とちょっと和洋折衷ながら、これもよし。あまりにも、お腹がいっぱいになってしまったので、翌日も材料を切りそろえてお鍋を楽しみました。
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-23 21:06
ウェブマガジン
c0032664_8123394.jpg


パリの情報タッブリな『Cahier de Paris』というサイトに私のインタビュー記事がのっています。今回アップの分は、私のお菓子留学のお話等。よかったらご覧になってみてください。http://www.cahierdeparis.com

私のインタビューはともかくとしても、このサイト、きっとパリ好きな方には楽しんでいただけるかと思います。私のお気に入りは、今日来た洋服で知るパリのお天気。結構、日本から来る人に気候を伝えるとき、私もメールで最近来ているものを伝えたりしていました。ありそうで今までなかったお天気情報だと思いませんか?

で、この写真のお菓子は、インタビューの時にお土産にもってきてくださった和菓子。可愛いウサギの形。中は優しい白あんで、オリビエもとっても気に入ったらしく、私の知らないうちにつまみ食いまで!美味しいお菓子、ありがとうございました。
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-23 08:13 | パリの日々
日本のお菓子の本 in Chinese!
c0032664_66572.jpg


今日、郵便箱に日本からの小包がはいっていた。この大きさは本?それに出版社からだし?
もしかして???そして思った通りの本でした。それは、中国語のお菓子の本。
パリからのコラムとレシピで参加した、お菓子の本『一流シェフのとっておき シュークリーム』。
以前、編集の方から、中国語に翻訳されるかもしれませんが、よろしいですかと、尋ねられていたが、いつになるかははっきりとしていなかった。それが、届きました!
私の名前は、パリから記事を書く時はローマ字表記を併記もしくは、ローマ字のみにしているので、自分の名前簡単に発見!なんだか不思議な感じでした。中国語の本に自分の名前。

パリの中国人の友達に見せようっと!
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-11 21:11 | お菓子作り
柚子のエクレア
c0032664_5272471.jpg


今月、料理雑誌『REGAL』を買ったら、4ページにわたって、青木定治さんの特集記事がついていた。また、人と会っていた時に、また青木さんのお菓子の話に。そういえば、最近食べてないなとAoki Sadaharuへ。まず目に入ったのが、黄色いエクレア。なに?とのぞけば、YUZUの文字が。柚子といえば、オリビエの大好物。ちゃんと柚子の味するかな〜、と思いながら、選ぶ。もう一つは、チョコレートのお菓子とどちらにしようと悩んだあげく、POIRE CARAMELに。洋梨とキャラメルと言えば、秋の味。表面のキャラメリゼが、私を誘っていた。

さて、家に帰り、急いで写真を撮る。今日は、早く食べたい気持ちにせかされて急いで取ったので、写真がいまいち。でも、大丈夫。また、買いに行けばいい。
なにせ、この2つ、久々のヒット作! 青木さんのお菓子にヒットがなかったという意味ではなく。最近食べたいろんなお店のもので、「おいしい〜!」とエクスクラメーションマーク付きで、思うものが少なかった。それは、私の下がわがままになったのか?食べ歩きが足りないのか???

それにしても、このエクレア、柚子のほのかな苦みとともに、かぶりつく前にすでに香りが味覚をそそる。そして、通常より細めのなかにはしっかりとした味のクリームがぎっしり。私より厳しい評論家と化しているオリビエも、「これなら、いつでも買って来ていいよ。僕が機嫌のわるそうな時に、食べれば機嫌も良くなる事間違い無し!」なんて言うほど。
そして、もう一つのポワール キャラメルも、お決まりの組み合わせながら、洋梨がごろごろはいったなかに、しっかりした味のお塩の入ったキャラメルクリームがとってもマッチしていた。その上、夕方に買ったにもかかわらず、表面のキャラメルもぱりぱり。

やるじゃない!なんて、有名シェフに失礼ながら、感心してしまった。
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-11 20:44 | パリのパティスリー
『プラダを着た悪魔』
c0032664_3232199.jpg

話題の映画『Diable s'habille en Prada』。行きたい、行きたいと思いながら、待ちに待った今日。というのは、この本を読み始めていたから。読み終わるまでは見に行けない!なんてがんばって読んでいたから。

映画になる前に表紙をみて面白そう!と買っていたんですが、そのままほっておいて置いたのを、映画になるという話を知り、「あれ?この本、私持ってたかも。」と探し出した。のんびりバカンスのおかげで、挫折する事なく、完読!

パリに戻ってからも、常に持ち歩き、メトロの中など時間を見つけては読んでいたこの本は折り目がついたりして、よれよれ。あるとき、テレビのインタビューでお気に入りの本を紹介している人が、「これは、バカンスに持っていって海辺で読んでいたからぬれたりしたけど、逆に愛着がわいてるの」なんて行っていたのを思い出した。

とはいっても映画は、フランス語吹き替えではなく、フランス語字幕。予告編を見比べたら、吹き替えだとイメージがちょっと違ってたので。全体的に同じ暗い面白かったけど、やっぱりほんの方がよりインパクトが強い。なにせ、あのMirandaが映画の中ではしおらしくなるシーンがあるなんて。同じ作者の他のもよんでみようかな〜。

それにしても、Mirandaの為に用意されたステーキの大きさと厚さにびっくり!あれって、アメリカ人標準サイズ?!
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-10 15:17
ブルターニュ旅行記 第三弾
c0032664_5462255.jpg


お待たせしました!(って、待ってくれている人がいるかしら?)
ブルターニュ旅行記の第3弾ができました。

いつもの通り、Polly's AtelierからScrap Bookをご覧ください。

次回は、ついにルルーさんのデモンストレーション!
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-09 05:46 | 地方のお菓子
バカンス!
c0032664_5125198.jpg


9月末に、約10日間、バカンスでチュニジアに行ってきました。
日本からだと馴染みの少ないこの国。フランスでは、お手軽リゾート地としておなじみ。また、オリビエの叔母さん(フランス人です)がチュニジアに引っ越し家を建設中との事もあり、彼女の住む、ジェルバ島へ。ホテルは食事付きで、本当に何もする事なく、海とお部屋の行き来で過ぎていく毎日。たまには、こんな旅もいいですよね!
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-01 05:13