パリより、美味しいもの便り
polly.exblog.jp

エッフェル塔のふもとより
ブログランキング参加中
カテゴリ
全体
お菓子作り
パリのパティスリー
レストラン
スーパーのお菓子
お散歩
お菓子と一緒に
地方のお菓子
季節もの
海外
パリの日々
料理
アート ド ヴィーヴル
旅行
未分類
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
おやつ会
c0032664_6155839.jpg

今日のおやつ会のために用意したお菓子達。
カヌレ、ラズベリーのクランブルタルト、そして、チョコレート生地にチョコレートクリームを挟んだチョコレートケーキ。作るお菓子を選んでいたときに無性にチョコレートが食べたくなったので、つくってみたもの。しっかりしたチョコレート味が食べたかったので、カカオのジェのワーズではなく、ガトーショコラにチョコレートクリームを挟んでみた。それでは、他の人には、くどいかなと、ラズベリーを忍ばせてみた。意外に好評でびっくりしたのが、クランブルタルト。予想外に、ガトーショコラを焼いてしまったら、卵が足りなくなって、即席考えだしたタルトだった。さて、次回のおやつ会は、何にしようかな。
[PR]
by atelierpolly | 2006-05-31 16:11 | お菓子作り
マリーアントワネットな気分

c0032664_574925.jpg

昨日、待ちに待った映画『マリー アントワネット』を見に行った。中学の頃、遠藤周作氏の『マリー アントワネット』を読んで以来、大好きな人物。とはいっても、オリビエにすれば、ギロチンにかけられたというネガティヴなイメージが強いらしい。そんな、イメージを覆すような、始終、スクリーンから目を離すことのできない素敵な映画になっていて、お気に入り映画のトップ入り決定!
お菓子がたくさん出てくる場面なんかまさに夢のような美しさ。ほかにも、ドレスや、靴を選ぶシーンなんかも、含め、まさに女の子を夢心地にする要素がたっぷり。

さて、今日は、お友達のご招待で、1つ星レストラン『レ ゼリゼ Les Elysee』でのディナー。その前の時間が空いていたので、今月美容室に行っていなかったので、予約を入れる。いつもは、簡単にストレートのままのブローをしてもらうところを、今日は、ちょっと巻き髪風にお願いしてみる。昨日の映画の気分が抜けきれないので、ちょっと今日は乙女チックな装いに。
c0032664_582419.jpg

さて、シャンパンから始まったディナー。私にとってのメインであるデザートでは、めずらしく、二人からと記載のあった、チェリーのババに決定。普通、レストランでババを注文することは皆無なのになぜか、これに。さて、出て来てびっくり。二人分のババは、クグロフの形で登場。またまた、これで、昨日の映画が蘇って来たのは、言うまででもない。目の前で1/4に切られた、ババはお皿に盛られて、私たちの前へ。とっても軽いババで、食いしん坊の私たちは、あっという間に平らげてしまった。プチフールがテーブルに届いた時、二人とも思っていたことは同じ。「あの、残りのババどこに行っちゃったの〜?」シンプルながら美味しかったババ。あの残りも食べれたのに。。。
[PR]
by atelierpolly | 2006-05-26 23:08 | レストラン
コルシカ島のお菓子
c0032664_5284314.jpg

コルシカ食材店の近くを通ったので、ふっと思い立ってよってみた。粉のお菓子が食べたくなったので、カニストレリを買うことに。コルシカの特産である栗の粉のもの、そして、同じくコルシカ島のフルーツ セドラのものを買う。ふっと目についたフィアドーヌも1個入れてもらい、今日のおやつの完了。
c0032664_529870.jpgフィアドーヌは、コルシカ島のフレッシュチーズ、ブロッチュをつかったチーズケーキ。ブロッチュのある季節しか食べられないので、あるとつい食べたくなってしまう。
カニストレニ、値段から予想して、約500gくらいつめてもらったら、なんだかかなり大きな袋になって、ずっしり重たい。しばらくの間、お茶のおともはこれになりそう。
[PR]
by atelierpolly | 2006-05-23 15:27 | パリのパティスリー
フレッシュ フルーツの板チョコ
c0032664_18153899.jpg

前回チョコレートを買いにいったときにお店の入り口に書いてあった、『今週の板チョコ』を買いに。土曜日だけの限定の板チョコで、週によって違うフルーツになるそう。今週末は、チェリーということで、オリビエの大好物ということもあり、かってみることに。今日から南に住むおじいちゃんのところに週末行くオリビエに1枚と、お留守番の私用で2枚購入してきてもらって、それぞれ別々に楽しむことに。
チェリーの姿がボコボコと見える板チョコ。チェリーの大きさに合わせてちぎったら、かじってみれば中からジュージーなチェリーがでてくる。テンパリング時のチョコレートの暖かさで軽く火がとおった状態のチェリーとブラックチョコが、不思議な組み合わせ。甘口赤ワインとともに、一緒に食べてみれば、口のなかで、りっぱなデザートになる。

また 別の週のフルーツで試してみようかな。
[PR]
by atelierpolly | 2006-05-21 23:42 | パリのパティスリー