パリより、美味しいもの便り
polly.exblog.jp

エッフェル塔のふもとより
ブログランキング参加中
カテゴリ
全体
お菓子作り
パリのパティスリー
レストラン
スーパーのお菓子
お散歩
お菓子と一緒に
地方のお菓子
季節もの
海外
パリの日々
料理
アート ド ヴィーヴル
旅行
未分類
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:地方のお菓子( 9 )
フランスに来て好きになったもの
フランスに来て好きになった食べ物がいくつかあるけれど、これらもその一つ。ヌガーとカリソン。メレンゲもマジパンも日本にいた頃は、好んで食べるお菓子の種類じゃなかったのに。いつの頃から好きになったんだろう。。。
c0032664_8305412.jpg

特にこのカリソンは、定番のアーモンドとメロン果汁を練り込んだ物の他に、ローズ風味、オレンジ風味、ピスタチオ風味とバリエーションが楽しめる。もちろん、これを買いに行った目的はローズ風味。とはいっても、ほんとに微かにローズが香るくらいだから、もしかしたら気づかない人もいるくらい。お得な袋づめもあったけど、缶のかわいさに負けて、缶入りを購入。
c0032664_8313674.jpg

カリソンを買いに行ったのに、思わず買ってしまったヌガーも、いろんな種類があって悩んだあげく、大好きなピスタチオがいっぱい散らばっているのに決定。ふっと、お茶とともにスライスした甘いヌガーをつまみながら、「これって、日本で羊羹を食べる感じとにてる?!」なんて思ったり。
c0032664_8325924.jpg

マドレーヌ寺院近くの小さなお店には、美味しそうなものがたくさんつまっている。他にも、かわいいお菓子がたくさんだから、こんど日本へのお土産にしてみようかな。
[PR]
by atelierpolly | 2008-06-13 15:34 | 地方のお菓子
カヌレ屋さんのトゥルティエール
1ヶ月ちょっと前の4月の初め。
日曜日にオリビエとお散歩をしていた帰り道、
たいていのお店がしまっている中、開いているお店発見!
c0032664_8151919.jpg

私の家の近くのカヌレ屋さん。ボルドーのスペシャリテであるカヌレの専門店として、オープンした頃は、カヌレ型をお店に飾り、本当にカヌレしか売ってなかった
このお店。少し前から、ボルドーから少しスペインよりのフランス南西部のお菓子も
扱うように。小さい頃、この地方でそだったオリビエにはなじみの深いお菓子、
トゥルティエールがいっぱい並んでいる!二人で顔を見合わせて、「買う?」と
合図し合えば、足は店内へ。
c0032664_816595.jpg

小さなサイズのを一つと、ガトーバスクを一つ頼んだら、店員さんが「温めますか?」と。電子レンジで温めてしまうのかと思いきや、
「ちょうど、カヌレを焼いているところだからオーブンが温まってるから。」
ということで、トゥルティエールを温めてもらう事に。
このお菓子は、ちょっと温かい方が断然美味!
c0032664_8171351.jpg

この頃、最高潮に大きくなった妊婦の私のお腹を見て、「待っている間に、カヌレでもいかが?マダムは、一人じゃないみたいだし。」
とミニ カヌレのプレゼントまで。
まだ肌寒い気候の4月の初めだったけど、ほっと温かくなるひととき。そして、お家に帰ってから、ご機嫌な昼下がりのティータイムをオーブンで温められたトゥルティエールとともに。
[PR]
by atelierpolly | 2008-05-14 08:17 | 地方のお菓子
ブルターニュ旅行記 第三弾
c0032664_5462255.jpg


お待たせしました!(って、待ってくれている人がいるかしら?)
ブルターニュ旅行記の第3弾ができました。

いつもの通り、Polly's AtelierからScrap Bookをご覧ください。

次回は、ついにルルーさんのデモンストレーション!
[PR]
by atelierpolly | 2006-10-09 05:46 | 地方のお菓子
ちょっと塩っぱいお菓子
c0032664_416959.jpg


フランス人で知らない人はいないお菓子の一つ、パンデピスPain d'epice。
蜂蜜たっぷりのスパイス風味のこの焼き菓子、バターがはいっていないものも
多くて、結構ヘルシー。軽くトーストして、フォワグラに添えたりしても美味しい。

でも今回、お裾分けしてもらったのは、ちょっと(かなり?)かわったパンデピス。

バスク風、ブルターニュ風、そして、ショウガ風味。
まあ、しょうが風味は、スパイスとショウガが一緒になって、いつもよりちょっと
スパイスが強いかな?くらい。
でも、バスク風は、なかにpimentが入っている。最初pimentといわれて、
バスクの有名なエスプレット産の唐辛子?って聞いたら、「ちがうちがう。小さいピーマン(poivron)の方」だって。食べてみると、本当に、ピーマンの味がする。なんだか不思議。。。
そして、ブルターニュ風は、「じゃあ、有塩バター?それとも塩の花入り?」なんて、考えとはうらはらに、海藻入り!ひとかけら、口に入れてすぐは、「海藻はどこ?」、一口食べ終わるくらいにほんのり後味に海藻の風味がフワリ。
このなかで、私の中のヒットは、この海藻入り。ちょっと。。。というのは、ピーマン入り。
でも、オリビエは、このピーマン入りを美味しい!といってもぐもぐ食べていたから、やっぱり好みってわからない。
[PR]
by atelierpolly | 2006-09-13 04:16 | 地方のお菓子
ブルターニュ旅行記 第2編
c0032664_539588.jpg


今までののんびりな、かめさんペースの更新頻度からすると、雪が降りそうなくらい、
がんばってしまいました。
そのせいか(!)パリは、寒かった8月が嘘のように、ちょっと暑いくらいの9月。

さて、続きをアップしました。
よかったらまた、見てみてください。
Polly's AtelierのScrap Bookのコーナーです。

感想も楽しみにしていま〜す。

次回は、上の写真のお店に到着!
[PR]
by atelierpolly | 2006-09-07 05:43 | 地方のお菓子
ブルターニュ旅行記
c0032664_314417.jpg

お菓子研究家、大森由紀子先生が行っているフランス地方菓子ツアー。今年は、ブルターニュでした。以前から行きたかった、キブロンのChocolatier,Caramelierのルルーさんのところも行くそうで、今回、参加してきました。
一人で列車で行くと、なかなか行けないところも、すべてオーガナイズされている、ツアーなら楽々。やっぱり地方に行くな、車がないとね〜。
ということで、今回は張り切って旅行記をつくってみました。
わたしのサイト Polly's AtelierからScrap Bookをクリックしてください。
まずは、第一弾、列車の旅&キブロン到着まで。
PDFにして、半分に折ってA5サイズで楽しめるようにしたので、全部アップできれば、ちょっとした旅のガイドになるかしら?
[PR]
by atelierpolly | 2006-09-03 18:22 | 地方のお菓子
ティーサロンで朝食を。
c0032664_4553966.jpg

昨日、見つけたサロン ド テで朝食をしようと決めていたので、ホテルの朝食はパスして、朝からお菓子に直行!はじめは、クロワッサンなどの朝食セットにしよう、なんて思っていたけど、お菓子をみたら、「せっかくなら、朝からお菓子にしてみる?」なんて、すっかりお菓子旅行のように。

ダークチェリーのガトーバスク、ベレ バスクとバスクの定番を決定。オリビエが気になった、バーケット マロン、そして、私が気になったパンペルデュ。
海の見えるサロンに落ち着き、カフェオレと紅茶を頼む。
c0032664_512256.jpg

さて、地元で初めて食べるガトーバスク。思ったより、生地がしっかりしているかも?でも、まだ食べ比べははじまったばかり。真相はまだわからない。
そして、ベレ バスクは、想像したよりずーっと軽い、ムース菓子。もしかしたら、ガトーバスクより好きかも。バーケット マロンは、そのままのマロンクリームのお菓子だけど、ちょっとマロン部分が少なくて、はずれ。そして、お店の人も好きだといっていた、パンペルデュ。これって、パンペルデュの卵生地に浸したパンを型につめて焼いていて、見た目よりかなり、ずっしり食べごたえがある。だたし、このずっしりが、たくさんなので、はじめは「グッドアイディアかも?」だったのが、最後には、「ちょっと、もういらないかも。」に。
海を眺めながらの、ゆったりプティ デジュネで2日目開始!

c0032664_4563784.jpg

[PR]
by atelierpolly | 2006-07-04 10:00 | 地方のお菓子
バスク地方へ夏休み
c0032664_23483713.jpg


今年の夏休みの始まり!
まずは、ビアリッツにいってきました。
海に行きたかったこと&お菓子のあるところ、という条件をクリアした中、今まで訪れたことのなかったバスク地方に決定。

7月の初めということもあり、ビーチも込んでいなくて、いい感じ。
あとすこし時期が後になるときっと込み合っているのかな?なんて話しながら、
さっそく、水着に着替えてビーチへ。


c0032664_23521454.jpgさて、お菓子、第一弾は、ビアリッツのスーパーで見つけたこの地方菓子。とはいっても、正確にはピレネ地方のお菓子。
突然、この30cmくらいのお菓子が目について、「どうして、このお菓子がここに?!」なんて見ていたら、食べてみたくなって、購入。
はじめに食べるお菓子がガトーバスクではなく、ガトー ア ラ ブロッシュとは。
スーパーのお菓子にしては、なかなか美味しく、オリビエと2人で、あっというまに完食。
ちなみに、中は空洞なので、そんなにたくさん食べた訳ではありませんよ。
もともとは、棒に少しずつ生地を流しながら暖炉で焼いたというお菓子。
バームクーヘンに似ている。
[PR]
by atelierpolly | 2006-07-03 13:27 | 地方のお菓子
ちいさなカリソン
c0032664_23225629.jpg


オリビエがトゥーロンの近くに住むおじいちゃんのところに遊びにいって来た
お土産にカリソンを買って来た。このお菓子も、フランスに住むようになってから、好きになったものの一つ。とくに、今回買って来てくれた、このミニ カリソン、小さいながら中心部分は、とってもみずみずしい。マジパンのお菓子にこんな表現はちょっと不思議な感じだけど、まさにそう。気をつけないといくつもつまんでしまいそう。
[PR]
by atelierpolly | 2006-06-21 16:21 | 地方のお菓子