パリより、美味しいもの便り
polly.exblog.jp

エッフェル塔のふもとより
ブログランキング参加中
カテゴリ
全体
お菓子作り
パリのパティスリー
レストラン
スーパーのお菓子
お散歩
お菓子と一緒に
地方のお菓子
季節もの
海外
パリの日々
料理
アート ド ヴィーヴル
旅行
未分類
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
お気に入りブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モンモランシーのサクランボ
c0032664_2324087.jpg

今日のマルシェでの見つけたもの。
モンモランシーのサクランボ。

このサクランボの名前を知ったのは、コルドンブルーのレッスン。
ジェノワーズのレッスンの時につくったお菓子の名前がモンモランシー。
なんでも、サクランボで有名な町だとか。でも、パリのマルシェでこのサクランボをみつけることはいままでなかった。なんでも、このサクランボは収穫量も少ない上、主にヴィネガー漬けなどの加工品にまわってしまうとのこと。あまり見かけないと言われるとますます食べてみたくなる。
そして、今日、あるスタンドの値段の並ぶプレートの中にMontmorencyの名前が!思わず、週種類あるサクランボのなかを見回す。透明感のある小さなサクランボ。「これがモンモランシーのさくらんぼ?」と尋ねる。このひとケース収穫するのに、このサクランボはすごい時間がかかるんだよ。なにせ、傷つきやすい品種だからね。
ひとつ味見をさせてくれた。酸っぱい〜。オリビエも、「なんだか、熟する前のサクランボみたい」

もう一つ、この一駅先にあるマルシェに行くメトロのなかでばったり会ったカメラマンの松井康一郎さん。お友達の旦那様で数回会った事があるうち、こんな風にメトロでばったり会うのは初めてではない。スゴい偶然?!
帰りにオリビエとマルシェの近くにある彼のスタジオのお邪魔させていただいた。ちょうど今、銀座で行われているという展示会の写真等を見せてもらう。こんな風な彼の写真を見るのは初めてだけど、写真という概念を捨て、まさにアート!モネの睡蓮をモチーフにジヴェルニーの睡蓮等をとった写真たち。7月2日までだから、私は見に行けないけど、どなたか機会があるかたは、ぜひ。
Maison des Musees de France
[PR]
by atelierpolly | 2007-06-24 23:49 | 季節もの